コアからクラウドまで
すべてを可視化

クラウド向けの可視化・分析ソリューションをご紹介

複雑に入り組んだ現代のIT環境において、ハイブリッド・クラウド・インフラには スケーラビリティ、セキュリティ、コスト効率が求められます。

しかし、クラウド・インフラには深刻な可視化の「ギャップ(穴)」が存在し、クラウド・ツールではネットワークを、 ネットワーク・ツールではクラウドを捉えることができません。Gigamonが、それを変えます。

arrow

クラウド可視化ギャップを解消する

ハイブリッド・インフラの状況をわかりやすく、くまなく、一貫して可視化します。これにより、パフォーマンスやセキュリティのリスクにつながる盲点がなくなります。

ハイブリッドクラウドのために開発された業界初の可視化・分析ファブリック.

クラウド環境は千差万別ですが、前例がないわけではありません。

  • クラウド導入の4つのパターンと、必ず押さえておきたいリスクについて詳しくご説明します。
  • ネットワークの管理性とセキュリティの構築に関する推奨事項
  • クラウド化を成功させるのに必要な決定

「従来のネットワーク・モニタリング・ツールはクラウド上のアクティビティの可視化に難があるため、クラウドの導入が進めば、ネットワーク上の盲点の存在感と深刻さが増すことになります。こうしたクラウドの可視化や制御に関する問題の解消には、Gigamonのような、次世代のクラウド可視化ソリューションが最適です。」

IDC、リサーチ・ディレクター、Mark Leary氏