可視化こそが重要課題

セキュリティ再考のためのベストプラクティス

これまでのセキュリティ モデルでは、最新の脅威に対抗することはできません

境界やエンドポイント ベースのアプローチでは、
 組織内部の脅威からネットワークを守ることができません

BYODによって、単純なIDベースの
 信頼モデルが機能しなくなっています

固定的なセキュリティ アーキテクチャでは、モビリティ、
 デバイス、アプリケーションの進歩に追いつけません

驚くべき結果が報告されています:

長期間を要する侵入検知

侵入検知までの
 平均日数
188日*

長期間続く侵入行為

侵入から不正行為阻止までの
 平均日数
 111日*

ほとんど全ての組織が リスクにされています

97%もの組織が侵害を
 受けています(某調査による)**

最も有望と考えられた対策でさえ突破されます

最新の侵入防止やアンチマルウェア
 テクノロジーでさえ突破されています

*Trustwave Holdings, Inc. "グローバル・セキュリティ・レポート" 2015. Accessed July 16, 2015.

**FireEye. "マジノ線の再考: 現実的なテストから得た現実的な結果" 2015. Accessed July 16, 2015.

高度なセキュリティ テクノロジーであっても、その結果や可視化機能には限界があります

これまで

セキュリティ配信プラットフォーム: 可視化によってセキュリティを変革

これから

セキュリティツールの使用拡大

一貫性に欠けるトラフィックの解釈

トラフィック アクセスにおける競合

理解不能な暗号化トラフィック

膨大なコスト

多数の誤検知

セキュリティ効果の向上

インフラストラクチャ全体を可視化

大規模なトラフィック アクセス

暗号化トラフィックの内容を把握

セキュリティ対策コストを劇的に低減

拡張時や診断報告時の
 ネットワーク負荷を軽減

セキュリティ配信プラットフォームは、必要不可欠な セキュリティ インフラストラクチャです。

セキュリティ配信プラットフォームは、様々なセキュリティ ソリューションの導入や、従来の導入では成し得なかった個々のセキュリティ ソリューションの拡張を強力に支援します。本プラットフォームによって、マルウェアの横断的な感染を可視化し、盗難活動の検知をより迅速化できると共に、セキュリティ対策の導入におけるオーバーヘッド、労力、そしてコストを大幅に削減することができます。現在の産業化および組織化されたサイバー攻撃に対しては、単にセキュリティ アプリケーションに注力するだけでは不十分です。これらがどのように実装され、いかに一貫性をもって関連するデータにアクセスできるかが、ソリューションにおける重要なポイントとなります。

GigaSECURE: セキュリティ配信プラットフォーム

セキュリティの効果を飛躍的に向上させる業界初のデリバリ プラットフォーム

GigaSECURE®は、Gigamonが提供するセキュリティ配信プラットフォームです。GigaSECUREプラットフォームは、物理および仮想の両ネットワークに接続し、全てのアプリケーションに対して必要なトラフィックを提供します。セキュリティ アプライアンスは、インターフェースの最大速度でGigaSECUREプラットフォームに接続することで、ネットワーク インフラストラクチャ全体のトラフィックストリームを、高い精度で受信することができます。GigaSECUREは、マルウェアやマルウェアの横展開検知、漏洩状態の検出、ポスト インシデント フォレンジック、その他のセキュリティ対応のためのソリューションなど、業務ネットワーク外に置かれる様々なソリューションを幅広くサポートします。

Gigamonのエコシステム パートナーを活用した、ベストインクラスのソリューション構築