G-TAP A シリーズ

アクティブネットワークTAP

G-TAP Aシリーズは、Gigamonの「オールウェイズ オン」なアーキテクチャに基づき設計されたネットワークTAP製品の1つです。この独自のアーキテクチャでは、PoE、AC、DC、内蔵バックアップバッテリーなど、最大4つの電源を使用することで、ネットワークリンクのダウンタイムを排除することができます。どのタイプの主電源(PoE、AC、DC)を使用しても、常にバックアップバッテリーを充電するというG-TAP Aシリーズの独自な設計により、一次電源が失われても電源を供給し続けることができます。これにより、TAPに接続されたエンドデバイスに対する再ネゴシエーションに伴うリンクのダウンタイム発生を避けることができます。各モデルはRJ45 カッパーとSFP+ のいずれの構成でも使用することが可能です。

G-TAP AシリーズのアクティブネットワークTAPは、接続デバイスのリンク状態と全電源の電力供給状態を監視するインテリジェントな管理機能を備えています。主電源が喪失された場合、SNMP トラップからユーザーに対し、TAPがバックアップバッテリーを使用していることを知らせるアラートが送信されます。バッテリーレベルが低下すると、SNMP トラップが再トリガーされ、迅速にアラートを送信して主電源の交換を促し、ネットワークダウンタイムの継続を防止します。また、G-TAP Aシリーズのインテリジェントな監視機能は、既存のリンクが削除されたり、新しいリンクが追加された場合、SNMP トラップアラートを発生させることで、ネットワークの安全性を向上します

主な仕様

  • 最大10Gb
  • オールウェイズ オン アーキテクチャ
  • リモート管理

機能と特長

  • 電源喪失におけるリンクの再ネゴシエーション時間を排除
  • 電源: Power over Ethernet(PoE)、AC、DC、バッテリー
  • バッテリーは最大1時間持続
  • NMPトラップでリンク状態とバッテリーレベルを通知
  • オプションの1U PDU(配電ユニット)は最大24 TAPに対応

ユースケース

  • フォールトトレラントな10/100/1000リンクが、付属の監視ツールにフルデュプレックスでトラフィックを提供
  • 10G SFP+ をサポートし、直接カッパーケーブルの接続が必要なアプリケーションにも可視化機能を提供
  • リンク状態と電力レベルを予防監視し、アップタイムと接続性を確保
  • 全てのGigaVUEアプライアンスファミリとの容易な連携が可能

リソース

Product Brief

G-TAP A シリーズ

Data Sheet

G-TAP A シリーズ

Video

ネットワークTAP - 動作の仕組み

White Paper

ネットワークTAP とは - 可視化への第一歩