GigaVUE-OS

GigaVUE Hシリーズ、GigaVUE TAシリーズ、ホワイトボックス ハードウェアのための可視化オペレーティングシステム

GigaVUE-OS™ は、GigamonのUnified Visibility Fabric™ アーキテクチャにおけるコアおよびエッジノードのためのオペレーティングシステム ソフトウェアです。Fortune 100企業や大手サービスプロバイダーなど、最も要求の厳しい導入環境での豊富な実績を誇るGigaVUE-OSは、高い信頼性が要求されるミッションクリティカルなインフラストラクチャを、死角のない形で可視化することができます。Linuxカーネルをベースに構築されたGigaVUE-OSには、システム管理者が対象トラフィックを迅速に選択したり、GigaSMARTアプリケーションを使用して高度なトラフィックインテリジェンスを適用するといった重要な機能が含まれています。

GigaVUE-OS内のコア オペレーティングシステムは、死角のないインフラストラクチャ全体のアクティブな可視化に不可欠となるファブリックサービスを提供します。これらのファブリックサービスには、Flow Mapping、クラスタリング、GigaStream®、自動ネットワークディスカバリ、そしてインラインバイパス1などの機能が含まれます。

基本となるファブリックサービスは、Gigamonの特許取得済みFlow Mappingメカニズムを使用して、対象となるトラフィックフローを選択するための機能です。Flow Mapping®は、ネットワークTAPまたはSPAN/ミラーポート(物理および仮想)から1Gb、10Gb、40Gb または 100Gb のラインレートでトラフィックを取り出し、ユーザー定義のマッピングルールに基づいてこれらを各種ツールやアプリケーションに送信し、IT インフラストラクチャのセキュリティ保護や監視、分析を実現します。

異なる機種のハードウェア環境に置かれたノードについても、GigaVUE-OS が稼動していれば、クラスタリングによって 1つの論理ユニットとして管理することができます。この優れたファブリック サービスによって、例えば、ネイティブにはハードウェアリソースを持たないクラスター内のユニットでトラフィックを受け取るような場合でも、 論理ユニット内のあらゆる箇所からGigaSMARTアプリケーションにアクセスすることができます。

GigaVUE-OSは、Gigamonハードウェアに加え、特定のホワイトボックス ハードウェアでも利用することができます。これにより、GigaVUE-OSの豊富なファブリックサービスを、ホワイトボックスの導入にまで拡張しすることができます。さらに、GigaVUE-OSは、Visibility Fabric全体の管理機能を担うGigaVUE-FMとの連携で必要となるAPIを提供します。GigaVUE-FMのユーザーフレンドリなインタフェースや統合画面を使用することで、Gigamonハードウェアや認定済みホワイトボックスハードウェアなど、Gigamon Visibility Fabric内のGigaVUE-OSノードをシームレスに管理することができます。また、広範なVisibility Fabricポートフォリオを、GigaVUE-OSの豊富な機能と組み合わせ、可視化インフラストラクチャ全体で共通となるソフトウェアや運用モデルを活用することで、オペレータは、対象範囲や拡張性、コスト効果やインテリジェンスを最大限に高めることが可能となります。

1インラインバイパスについては、VUE-HC2シャーシが必要です

主な仕様

  • 特許取得済みFlow Mapping®
  • クラスター機能: GigaSMART®のインテリジェンスをホワイトボックスにまで拡大
  • GigaVUE-FM による管理
  • "ONIE"ブートローダのサポート
  • サポート対象ホワイトボックス: Quanta*QuantaMesh T3048-LY2R*[48x10Gb + 4x40Gb]

*将来対応予定

機能と特長

  • Linux ベースのモジュラー型でポータブルなオペレーティングシステム: 豊富なファブリック サービスを提供
  • 特許取得済みFlow Mapping®テクノロジー: 対象となるトラフィックフローを正確に選択
  • クラスタリング: 複数の異種デバイスを統合し、1つの論理ノードとして管理。クラスタ内の他のノードの機能を共有することが可能
  • ポータブルな設計: 汎用ホワイト・ボックスハードウェアからインテリジェントなコアノードまで対応
  • 様々な管理方法: ファブリックマネージャー、Web ベースインターフェイス(H-UVE)、SNMP およびCLI

ユースケース

  • プログラム可能なルールエンジンに従ってトラフィックを複製し、各種NPMやAPM、セキュリティツールやCEMツールに配信
  • GigaVUE-OSのコア機能をGigaSMART® トラフィックインテリジェンスと連携させ、ツールのパフォーマンスとROIを最大化
  • ネットワークインフラストラクチャ全体で、インライン、アウトオブバンドおよびフローベースのツールの導入が可能なセキュリティ配信プラットフォームを構築

リソース

製品概要

GigaVUE-OS

ビデオ

Visibility Your Way

データシート

GigaSMART

ホワイトペーパー

インテリジェント Flow Mapping